自動車税をTポイントで支払ってみた

「車って維持費がかかるな〜」

車通勤を始めて2年ほどになるんですが、想像以上にお金がかかって驚きました。

私の場合、

  • 自動車税    ¥7,200
  • ガソリン  ¥40,000    ※年間
  • 保険費用  ¥55,000
  • 車検費用  ¥70,000 ※2年に一回

合計すると年間あたり¥137,200(円)

働き始めの私にとって、めちゃめちゃ高く感じます。

ただでさえ、給料が少ないのに年間13万円は大金ですよ。

「どうにかして維持費を安くしたい」と考えた結果、手始めに自動車税を削ることにしました。

方法は単純。

自動車税をTポイントで支払う、というものです。

かといって、Tポイントをコツコツ貯めるわけではありません。

実は、Yahooカードを新規で作成すると、期間固定ポイント10,000ptをもらうことができます。

タダでもらったTポイントを支払いにあてるだけなので、とても簡単です。

というわけで、自動車税をTポイントで支払う方法について書いていきます。

この記事を読むと

  • 自動車税をTポイントで支払う方法

がわかります。

実際の流れは?

では、具体的にどうするのか。

以下の手順で行います。

STEP.1
Yahooカードに申し込む
10,000ptをゲットしましょう。
STEP.2
自動車税の納税書が届く
5月初めごろに届きます。
STEP.3
Yahoo!公金支払いにアクセスする
インターネットで税金の支払いができるサービスを利用します。
STEP.4
クレジットカードで支払う
カードはなんでも構いません。
STEP.5
Tポイントを利用し、割引を行う
これで終わりです。

簡単ですね。

ただ、注意点が2点。

自動車税の納税期限が5月31日なので、早めにYahoo!カードを発行する必要があります。

余裕を持って4月中にはつくっておきましょう。

また、一部の都道府県ではYahoo!公金支払いが利用できない場合があります。残念ですが、別の方法でお支払いください。

では、実際にやっていきます。

Yahooカードに申し込む

まず、Yahooカードに申し込みます。

カードを発行すると無条件で4,000ptを獲得でき、Yahooカードでクレジット支払いを3回行うと合計で6,000ptを獲得できます。

クレジット払いを3回利用するのは少々面倒ですが、金額や方法は問わないので、普段の買い物や支払いで現金を使う代わりにクレジット支払いにすると良いと思います。

正直相当お得だと思うので、まだ発行していない方はぜひ利用しましょう。

Yahoo!公金支払いにアクセス

次に、自動車税の納税書が届いたらYahoo!公金支払いにアクセスします。

「自動車税・軽自動車税を支払う」を選択します。

予めYahoo!Japan IDでログインしておきましょう。

ここで、

自動車税の場合は 「都道府県税」

 

軽自動車税の場合は「市町村税」

となります。

よって、納税先が異なるので注意してください。

それでは、詳しい支払い方法について説明していきます。

軽自動車税の場合

軽自動車の方はお支払いはこちらをクリック

対象の都道府県を選択

次に市町村を選択

軽自動車税は自動車税と比べて利用できる市町村が少ないので、お住いの市町村が選択できるか必ず確認してください。

北海道、茨城、埼玉、千葉、東京、兵庫は利用できる市町村が多いですが、その他は微妙です。

注意事項を読み、お支払い画面へ

年度、通知番号、納付書番号、確認番号を入力します。

あとはクレジットカードの情報を入力し、使いたい分だけTポイントの利用を選べば終わりです。

自動車税の場合

普通自動車の方は、お住いの都道府県を選択

注意事項を読み、お支払い画面へ

年度、納付番号、確認番号を入力

あとは軽自動車税と同様です。

Tポイントで支払ってみた結果

私は獲得したTポイントで全額割引を行い、実質0円で支払っています。

私は軽自動車税なので、金額が普通車にくらべて少なく、0円にすることができました。

でも、今回で一気にTポイントを消費してしまったので、来年分はコツコツ貯めなければなりません。

少しでも節約したい方は今回の方法を利用してみてはいかがでしょうか?

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。