【リボ払いは絶対にダメ!】
クレジットカードの大きな落とし穴とは?

クレジットカードといえば、

インターネットですぐに決済できる
カード一枚で支払いできる

 

非常に便利ですよね。私も愛用しています。
でも、そんなクレジットカードにも大きな落とし穴があることをご存知でしたか?
それはズバリ、リボ払いです。

 そもそもリボ払いって何?

そもそも、リボ払いって何?
なんだか馴染みがない言葉ですよね。
簡単にいうと、毎月の支払いを一定額に設定できるというものです。
つまり、どれだけ買い物をしようとも、支払い額は毎月変わらない

「支払いの負担が楽になるし、使ったほうが良いのでは?」

そう感じたあなたは、かなり危険かもしれません。

 リボ払いが絶対にダメな理由

リボ払いは絶対しないほうが良いです。
その理由は、借金地獄に陥る可能性があるから。

毎月返済する金額が同じなので、支払金額増加への抵抗感がマヒしてしまいます。


つまり、借金をするという感覚が薄くなるのです。
お金に困っていない人でも軽い気持ちで利用してしまい、長期間返済に苦しむことになりかねません。

 具体的な仕組み

では、具体的な仕組みについて見ていきましょう。
通常、クレジットカードは決済した日付の翌月にカードの請求が来ますよね。

 

通常の場合(一括払い・1回払い)

仮に10,000円を一括で支払った場合は、翌月の支払い日に10,000円引き落とされるはずです。

では、一括払いではなくリボ払いにして、毎月の支払い額を5,000円に設定したとしましょう。
すると、翌月の請求は5,150円になるのです。

リボ払いの場合

 

翌月の請求が5,000円ではなく、なぜ5,150円かというと利息を取られているからです。

本来10,000円の請求を5,000円に減らすことができるのですから、手数料を取られるのは当然といえます。

ただし、手数料(=利息)は年利15%となっており、とてつもなく高いのです。

 いつの間にかリボ地獄に!?

 

「リボ地獄」という言葉があります。
安易な気持ちで利用し始め、気がつくと借金が数十万、数百万円になり借金地獄に陥るという意味です。特に、

クレジットカードを初めてつくる新社会人
家族カードを使用している専業主婦

 

などは陥りやすい傾向にあるので、気をつけましょう。

 

 支払残高が全然減らないことも

リボ払いは収入が少ない人が使いすぎると危険です。
私も、社会人2年目のときに自動リボ払いに切り替わっていることに気が付かず、返済に苦しみました。